テ・オリ・タヒチ・ヘレ福岡は、福岡市・北九州市を中心にレッスンを行うタヒチアンダンス専門スクールです。

生徒同士で教えあう Teach each other between students

2016-02-11

IMG_3981ある時、私が生徒に話した内容に生徒達は驚いていました。その言葉とは、「レッスンの合間に生徒同士が教え合う姿が嬉しい」という内容のもの。その生徒達の驚きに逆に驚いた私でしたが、生徒達が理由を教えてくれました。以前のスクールでは、生徒同士で教えあうことは禁止されていたとのことだったのです。禁止している理由については、それぞれのスクールに理由があってのことだと思いますが、私にとってそれは自然な流れのように感じているので特別禁止していませんし、逆に頼もしく思うのです。

ハワイでは、タヒチアンダンスとフラのレッスンを受けており、また先生もそれぞれ異なっていました。その両方で、やはり生徒同士で教え合うことは日常的なことでした。その中に身を置いていたので、私は自然な流れのように感じるのだと思います。教え合うことが出来るということは、振りや私の指導がきちんと頭に入っている証拠だと思っています。もし、仮に違ったことを教え合っていたとしても、レッスンの時に私が修正するので問題ないと思っています。教え合っている時に自信がない振りや動きは、私に質問がくると思います。集団レッスンの良いところは、1レッスンあたりの単価が安いところです。その代わり、個々に丁寧に指導をすることが出来ません。そのため、私の言葉を聞き漏らしたり、見えなかったり、スピードについてこれないことも当たり前にあります。レッスンの最中は私も忙しくしているので、分からないことの全てを私に尋ねるより、生徒同士の方が聞きやすかったりするものなのです。私自身、いちダンサーとして踊っていた時はそうでした。だからこそ、生徒同士で教え合うことは禁止していないのです。

ただ、どちらか一方が全く知らない振りを一から教え合うということに関しては少し危険を感じます。教える媒体が変われば、細かい振りや雰囲気が変わるからです。それさえ行わなければ大丈夫だと思ってます。何より、分からない箇所を聞ける頼もしいダンサー仲間がいること、その問いに対して丁寧に答えている生徒達の光景をとても嬉しく感じている今日この頃です。

Copyright(c) 2018 Te Ori Tahiti Here Fukuoka All Rights Reserved.