テ・オリ・タヒチ・ヘレ福岡は、福岡市・北九州市を中心にレッスンを行うタヒチアンダンス専門スクールです。

自分の動きを落とし込む Make sure my motion for Tahitian dance to teach.

2015-11-24

IMG_1191私は、昨年自身のスクールの立ち上げと同時にインストラクターになりました。私の先生であるMarevaからティーチングのレッスンを受けたものの、指導経験は無いに等しく、プロフィール「帰国して」にも書いていますが、Marevaから離れ生徒達の前に立って指導することに不安を感じたこともありました。今でも常に指導する難しさを感じていますが、それでも今はこのお仕事を楽しんでいます。それと同時に、時折インストラクターとしての仕事とはどうゆうものかを考えます。

ビギナークラスⅠ(基本)インストラクターは、生徒達が心地良く、そして楽しく踊れるように導いていく仕事だと思っています。「心地良く」から離れ、骨格や筋肉に負担を掛ける「力み」が加われば、楽しそうに踊ることも難しいと思います。「心地良く」は、無理のない姿勢と軌道、円滑な体重移動で可能となります。言葉では簡単に言えるけど、指導するのは簡単なことではありません。私が持つ動きのイメージや使っている筋肉は、生徒達の目には見えないからです。特に私自身が初めから何となく出来たステップや、動きを指導する時に一番難しさを感じます。そうゆう時は、自分の中でしっかり自分自身の動きを分析することが必要になってきます。その作業を行ってから指導すると、生徒達は苦戦していたステップをアッという間にスムーズに行えるようになっていきます。その状況を見る時は、インストラクターとして喜びを感じるし、とっても興奮します。

DSCF2651分析作業を続けていて気が付いたことは、それが生徒達だけでなく、インストラクターにも恩恵があるということ。何となく出来ていたステップを分析して再度自分の中に落とし込むことで、動作に対してしっかりとした裏付けができ、インストラクターとしての自信にもつながるからです。生徒達の質問や、新しいステップに対しての戸惑いに「どうやって指導したらいいんだろう・・・」と考えることが多々ありますが、それでもいつも私に課題を与えてくれる生徒達に感謝してます。

Copyright(c) 2018 Te Ori Tahiti Here Fukuoka All Rights Reserved.