テ・オリ・タヒチ・ヘレ福岡は、福岡市・北九州市を中心にレッスンを行うタヒチアンダンス専門スクールです。

肩甲骨を動かす Exercise for shoulder blades

2015-11-18

IMG_2815フィットネスクラブでは、週に2回レッスンを行っています。ある日、レッスン後に会員さんの一人から質問を受けました。「毎回している肩甲骨のストレッチは何か意味があるんですか?」といった内容でした。最近、東京校のインストラクター森口先生も肩甲骨についてのブログを書かれていました。私の周りでは少し旬なネタのような気がしたので、今回は肩甲骨のストレッチの必要性について書いてみたいと思います。

IMG_2818

フィットネスクラブのレッスンでは、タヒチアンダンスをフィットネス感覚で行うというコンセプトがあります。タヒチアンダンスを踊る際によく使う下半身だけではなく、体全体の筋肉をバランスよく使うことを目的にしていますので、上半身のストレッチも併せて行っています。タヒチアンダンスは、上半身をあまり動かさないので、肩甲骨や上半身のストレッチは一見不要なように感じるかもしれませんが、私はそうは思いません。柔軟な上半身の筋肉を持ち、ダンスの時にはリラックスさせてあまり動かさないのがベストだと思っています。ダンスの時に上半身はあまり動かしませんが、使っていないわけではありません。上半身が硬ければ、その硬さはやはり所作に現れるし、ダンスしている時のイメージを硬くします。上半身の柔軟性は必須ではありませんが、柔らかければ役立つことはあっても損はしませんよ。

IMG_2820そして、肩甲骨周りの筋肉をほぐすもう一つの理由。まず、4㎏近くある頭部、左右合わせて10㎏にもなく腕を支えている肩甲骨周りの筋肉は、いつも酷使されています。また、デスクワークを含め日常生活の多くは猫背の姿勢で行われていて、肩甲骨周りの筋肉には負荷がかかり、疲労しやすい状態にあります。それを、1週間に一度でもしっかり動かすことで血流を良くし、肩こりを防止することを目的としていますレッスンに通っている生徒達は、普段は会社勤めをしている人が大半です。ダンス以外の日常生活もより快適に送ってもらうために、肩甲骨のストレッチは毎回必ず行ってます。日常生活で肩こりを感じる方は是非ストレッチで肩甲骨周りの筋肉をほぐしてみて下さいね。

IMG_2821

 

Copyright(c) 2018 Te Ori Tahiti Here Fukuoka All Rights Reserved.