テ・オリ・タヒチ・ヘレ福岡は、福岡市・北九州市を中心にレッスンを行うタヒチアンダンス専門スクールです。

Archive for the ‘その他’ Category

親子でタヒチアンダンス Dance with your mom or daughter

2016-05-20

IMG_4858私のスクールには、親子でタヒチアンダンスを習っている方がいます。お母さんと娘さんは同じクラスに所属していて、いつも切磋琢磨しています。先日の博多どんたくでも同じステージでパフォーマンスしました。娘さんはお父さん似なので、新しく入ってくる生徒さん達に「2人は親子です」と紹介すると皆さんビックリされます。

お母さんは、日本国内を出張で飛び回り、海外にも出張に行かれる忙し方ですが、時間を作って熱心にレッスンを受けています。タヒチアンダンスのレッスンはゆったりしているものではないので、キツそうな時もあります。それでも、「もっと!もっと!上手になりたい!!」という情熱に、私はいつも関心させられています。さて、娘さんの方ですが最初に入った時はとってものんびりした女の子でした。初めてのパフォーマンスの時も振りの覚えが曖昧だったり、頼りない部分があり心配していた頃もありました。それでも、先日の博多どんたくのパフォーマンスの1曲では最前列の中央で踊り、今ではレッスン中の真剣な眼差しに頼もしさを感じています。

IMG_4857二人の親子のお父さんもいつも意欲的なサポートして下さり、写真も、動画もいつも最前列で撮影して下さっています。また、後に聞いた話ですが、お父さんは公的なお仕事に就いている方なのですが、博多どんたくの私達のパフォーマンス前に乱れたステージ観客席を整備して下さっていたとのこと(笑)。今回は、弟さんも観にきて下さいました。家族揃って、熱烈にダンス・サポートして下さっているご家族にいつも感謝しています。そして、タヒチアンダンスを通して、家族が楽しさを共有できるお手伝いが出来ていることを大変嬉しく思っています。

衣装のレンタル Rent costumes for performance

2016-04-24

IMG_4533 レッスンに通っていると、パフォーマンスする機会は必ず訪れます。その際、どうてしても毎月支払って頂くレッスン料の他に出費をさせてしまう事が多々あります。それは、衣装代だったり、補習レッスン代だったり、ワークショップ代だったりします。スクールでは出来るだけ生徒達の負担を少なくするために、通常のパフォーマンス(コンペティション等は除く)で着用する衣装はレンタルしています。博多どんたく港祭りで着用する衣装も、もちろんレンタルです。今回用意した衣装は、ブラとパレオです。

・ブラ代:540円(税込)

・パレオ代:324円(税込)

ブラとパレオ以外の生花の衣装は、生徒が材料を実費で負担し用意するものと、スクールが製作するものがあります。生徒が製作する衣装に関しては、初めての方はワークショップが必要なので、ワークショップ代と材料費がかかります。次回からはワークショップなしでも作れるようになるので、負担するのは材料費のみとなります。スクールで製作する衣装は、衣装代として頂いています。

・生花代(生徒実費):3,000~3,500円程度

・ワークショップ代(150分 材料費324円を含む):1,824円(税込)

・スクールで製作する生花の衣装代:540円(税込)

IMG_4678レンタル代やワークショップ代は衣装の材料費や参加人数によって変動しますが、価格は原価計算をしっかり行ってから設定しています。通常のパフォーマンスより少し規模の大きなステージを控えているので、良い機会と思い価格もブログで紹介させて頂きました。高く感じるか、安く感じるかは個人差がありますが、衣装を購入しなくてもよいことや、管理しなくてもよいことなど、この衣装レンタルシステムは生徒達から好評です。さて、今回生徒達がレンタルする衣装はどんな衣装でしょうか。それは、イムズのパフォーマンスステージに来て頂くのが一番ですが、難しい方はその後のフェイスブックやブログでもご紹介する予定ですのでお楽しみに!!

確定申告が終わったー!!Compleated final retrun

2016-03-10

12813914_744083319060999_4701273670247063011_nようやく確定申告が終了しました!!今回、初めて一人で確定申告したのですが、集計から申告に至るまで、本当に学ぶことが多かったです。起業してから初めての確定申告は、申告するほどの所得もなく単純でした。また、6月に起業したこともあり集計も半年分で良かったんですね。でも、今年の申告は丸っと一年分。確認することも、調べることも多くて本当に大変でした。

申告会場に来る方々は、個人事業主だけではありません。企業に勤める人であっても、副収入がある人だったり、医療費の控除、住宅ローンの控除だったり、色々な申告を行う人たちが1ヶ月絶えずこの申告会場来ているわけなのです。「会場は人が多い」とは聞いていましたが、会場に着いて人の多さに驚きました。受付を済ませて、番号札をもらい、待ち時間が2時間あるのも驚きました。待ち時間を終えて、申告が完了するまでに2時間ぐらいかかり、通算、3~4時間はかかったと思います。

確定申告を終えて、何より良かったのは、自分が行っている事業のお金の流れが把握出来たことです。どこにお金がかかっているのか、どこを削減するべきで、どこに投資するべきか、決算書類の数字が教えてくれます。大変だったけど、この経験を基に、今年から記帳の仕方を変え、領収書のまとめ方を変え、来年の確定申告では更なる効率化を目指します。今年も真面目に運営していきますので、皆さんよろしくお願い致します。

寝不足が続く・・・ Lack of sleep for final return

2016-03-03

IMG_3146個人事業主なら避けては通れない通過点、一年間の総決算である「確定申告」。個人事業主は所得を税務署に申告する義務があり、申告は2月16日~3月15日の間に行わなければなりません。この申告は、事業主の利益に対して国が税金を課すためのものです。個人事業主、あるいは企業が、商売を通して金銭を受理する際に必ず領収書を発行するのは申告のためなんですね。また、私が基本的に現金を受け取らず、振込をお願いしているのは申告漏れを防ぐためでもあるんです。

私が起業した時、税務署が紹介してくれた税理士さんが無料で記帳を指導してくれました。確定申告用の書類作成も税理士さんが手伝ってくれましたし、最終的な申告書類提出は税理士さんに委託して、起業1年目の確定申告が終わりました。税理士さんの指導の下、あれよあれよという間に申告が終わり、あまり実感が湧かないまま終了してしまったのを覚えています。ですが、今回は一人。税理士さんにお願いすることも出来ますが、お金も時間もかかる・・・。とりあえず、やれるところまではやってみようと思って、3月に入ってから作成を始めました。実際、集計を行ってみると、勘定科目は少ないはずなのに自分の計上の仕方が悪かったり、お金の流れが不明な点があったりで、調べたり、考えたり、確認することが色々出来てきてしましました。いつ出来上がるのか、一人で出来るのか、不安もありますが、こうやってお金の流れを把握してコスト意識を高めるのは本当に大切なことだと思うので、とにかく頑張ります。生徒の皆さんから頂いたお金は1円も漏らすことなく、しっかり確定申告を行いたいと思っています。

「生徒の声」が教えてくれたこと Knew many things through “Voice of students”

2016-02-04

IMG_28831月中、毎週一つずつ「生徒の声」を投稿していました。生徒の声を集めていて驚いたことは、生徒達が私の色々な面を見ていることでした。例えば、生徒の声vol.10では、私が指導する上で行っている努力を見抜かれているものでした。そういった面は見せないようにしていたつもりだったし、生徒達は気にしていないと思っていたので、正直驚きました。その半面、嬉しかったです。

IMG_2877また、Vol.11では私自身も知らない一面を教えてくれました。確かにいつも笑顔でいるけれど、余裕がなくて笑顔が少ない時もあります。レッスンが終わってから、「少しキツく言い過ぎたかな・・・」なんて反省することもあるぐらいです。でも、私がいることで雰囲気が明るくなると感じてくれている生徒がいることを知ることが出来て、とっても嬉しかったです。

IMG_2878 (2)Vol,12では、私がそうあって欲しいと望んでいたことを体現してくれていた声でした。日常生活は、毎日同じことの繰り返しで少し退屈なもの。でも、自分のプライベートを充実させることで、日常生活に変化を与えてくれます。私自身、ダンスを始めて色んな事が変化したし、それは今も同じで充実した日々を過ごしています。タヒチアンダンスが生徒の皆さんにとって、日常生活に華やぎを添える存在となることを私はいつも願っています。

IMG_2903Vol.13では、生徒の成長を感じるものでした。今年の1月に成人式を迎えたスクール最年少の彼女は、私が初めて会った時、大人の女性というより17~18歳の少女に見えるほど初々しい雰囲気を持っていて、とても華奢でした。「筋肉がどこにあるの?」という感じでしたが、今では筋肉を使っているのがよく分かるし、持久力もついてきました。色んな事を考えて、解決しようと取り組む姿勢は私に良い刺激を与えてくれます。少しずつですが、着実に成長している最年少の彼女のこれからが楽しみです。

普段のレッスンでは、生徒達と一対一でコミュニケーションをとる時間がありません。「生徒の声」を通して生徒達の気持ちを知れたことは、私にとって貴重な経験となりました。忙しい中、協力してくれた生徒の皆さん、本当にありがとうございました。

今年のお年賀 New Year’s card 2016

2016-01-15

FullSizeRender (8)今週のレッスンでは、お年賀をお配りしました。今年は、2つの異なるポストカードを生徒の皆さんに選んでもらいました。開けた後に、メッセージを読む顔がほころんでいたり、お互いのカードを見せあったり、喜んでもらえたようで良かったです。

FullSizeRender (9)お年賀で配るポストカードは、毎年同じアーティストのものを選んでいます。アーティストは「たけ」さんとおっしゃる方で、毎年新春に私の家の近くにあるショッピングセンターで個展を開かれています。その個展で並べられている沢山のポストカードの中から、いつも生徒の皆さんへのメッセージを選んでお年賀として配っています。

IMG_2989今年の二つのカードは、去年と同様「笑顔」まつわるもの。ポストカードの一つのメッセージをダンスに置き換えるならば「楽しから笑うのではなく、笑うから楽しいのである」というところでしょうか。ステージに上がると、やはり「楽しさ」より「緊張」が先に立つものです。でもそこで、笑えば楽しくなってくるものなんです。最初は、笑顔がひきつってもいいし、ぎこちなくても良いんです。いつかは、そのぎこちない笑顔が本物になる時が必ず訪れるし、またその笑顔が「楽しさ」を連れてきてくれます。そんな思いをたけさんのポストカードに込めて、お年賀を贈らせて頂きました。手にした生徒の皆さんは、今年一年、そのメッセージを胸に留めて笑顔で踊ってもらえたら嬉しいです。

明けましておめでとうございます。 A Happy New Year 2016!!

2016-01-01

IMG_3680明けましておめでとうございます。元旦は、良いお天気にも恵まれて初詣日和でした。31日ギリギリまで忙しく過ごしていた私は、大晦日の夜から新年かけてパソコンの前で過ごしていました。元旦の朝を迎え、ようやく穏やかな時間が訪れ昨年を振り返る余裕が出来ました。

昨年の年始は、数少ない生徒数から始まり、2015年内は生徒の入れ替わりが大いにありました。昨年の暮れ、オフシーズンでスクール内の動きが止まるかに見えましたが、幸いなことに新しいメンバーが加わり新年を迎えることが出来ました。今年は、色々なパフォーマンスの機会を作りたいと思い準備中です。生徒達も昨年の暮れからパフォーマンスを視野に入れ、一生懸命頑張っています。皆が楽しそうに踊るのを見るのが、今からとっても楽しみです。

IMG_3676昨年の暮れの大きな出来事は、クリスマスイブの日にMarevaが元気な赤ちゃんMatahi(マタヒ)くんを出産したこと!!今はすでに自宅に戻り、新しい暮らしに慣れつつあるようです。彼女の夫であるEthan(イーサン)も大いに育児を助けてくれているとのこと。とっても元気で健康的な赤ちゃんで、Marevaからのメールには幸せと愛情が溢れていました。様子を見ながら、3~4月頃にハワイに行く予定なので、赤ちゃんに会うのがとっても楽しみです。

IMG_1497さて、今年はパフォーマンスに重点を置いていくこともさることながら、MarevaとEthan、Matahiくんが福岡にやって来るかもしれません。まだしっかりしたことは取り決めていませんが、Marevaは福岡の状況を見に来たいと言ってくれています。また、私としても福岡の生徒達にタヒチアンであるMarevaから直接指導を受けて欲しいという強い思いがあります。来年はMarevaとMatahiくんに会えるかもしれませんよ。生徒の皆さんお楽しみに!!

文末になりましたが、今年は色んなことに挑戦して生徒達と共に大きく成長していきたいと思ってます。本年もどうぞよろしくお願い致します。

肩甲骨を動かす Exercise for shoulder blades

2015-11-18

IMG_2815フィットネスクラブでは、週に2回レッスンを行っています。ある日、レッスン後に会員さんの一人から質問を受けました。「毎回している肩甲骨のストレッチは何か意味があるんですか?」といった内容でした。最近、東京校のインストラクター森口先生も肩甲骨についてのブログを書かれていました。私の周りでは少し旬なネタのような気がしたので、今回は肩甲骨のストレッチの必要性について書いてみたいと思います。

IMG_2818

フィットネスクラブのレッスンでは、タヒチアンダンスをフィットネス感覚で行うというコンセプトがあります。タヒチアンダンスを踊る際によく使う下半身だけではなく、体全体の筋肉をバランスよく使うことを目的にしていますので、上半身のストレッチも併せて行っています。タヒチアンダンスは、上半身をあまり動かさないので、肩甲骨や上半身のストレッチは一見不要なように感じるかもしれませんが、私はそうは思いません。柔軟な上半身の筋肉を持ち、ダンスの時にはリラックスさせてあまり動かさないのがベストだと思っています。ダンスの時に上半身はあまり動かしませんが、使っていないわけではありません。上半身が硬ければ、その硬さはやはり所作に現れるし、ダンスしている時のイメージを硬くします。上半身の柔軟性は必須ではありませんが、柔らかければ役立つことはあっても損はしませんよ。

IMG_2820そして、肩甲骨周りの筋肉をほぐすもう一つの理由。まず、4㎏近くある頭部、左右合わせて10㎏にもなく腕を支えている肩甲骨周りの筋肉は、いつも酷使されています。また、デスクワークを含め日常生活の多くは猫背の姿勢で行われていて、肩甲骨周りの筋肉には負荷がかかり、疲労しやすい状態にあります。それを、1週間に一度でもしっかり動かすことで血流を良くし、肩こりを防止することを目的としていますレッスンに通っている生徒達は、普段は会社勤めをしている人が大半です。ダンス以外の日常生活もより快適に送ってもらうために、肩甲骨のストレッチは毎回必ず行ってます。日常生活で肩こりを感じる方は是非ストレッチで肩甲骨周りの筋肉をほぐしてみて下さいね。

IMG_2821

 

バスタイム Let’s taking a bath

2015-11-11

3b5ac723e386e7067aaf650f48cdb7df_m私がレッスンしているフィットネスクラブのスタジオからは、街路樹の紅葉が見えます。規則正しい縦の長方形が均等に配置されている建物の窓から見える紅葉は、まるで絵画のように美しいんです。それは、正面の鏡を背に立った私の位置からしか見ることが出来ません。美しい風景を見ながらレッスンするのは、私の楽しみの一つでもあります。昼間は暖かく、夜は寒いという気温差が葉を美しく色づけているわけですが、人の立場からすると、この温度差は厄介なものですよね。そのせいで、今の季節は風邪を引く方が多いように感じます。普段、レッスンは夜に行っているので、私の帰宅も夜遅い時間になります。帰宅すると体が冷えているので、体を温めるために夜は湯船に浸かって体を温めます。f72a6f213590ac22f169df7767efbc87_m

ハワイでは週に1~2回の頻度でしかお風呂に入っていませんでしたし、それでも平気でした。でも、今はほぼ毎日湯船に浸かっています。そうしないと、体の疲れが取れなくて体に違和感を感じます。やはり、ハワイと違って日本は四季があり、また今の季節のように一日に大きな気温差があるからだと思います。シャワーで済ませる時もたまにありますが、たとえ短い時間でも湯船に浸かると、体中に血液が巡るのを感じて疲れが一気に取れます。一人暮らしの方や忙しい方だとシャワーで済ませている方も多いかもしれませんが、湯船に浸かるって本当に良いですよ。私は、生徒達に「レッスンの後は出来るだけ湯船に浸かって下さい」と言ってます。肩まで湯船に浸かる必要はありません。腰まで浸かるように湯を張って半身浴するだけでも、体は温まるし、翌日に感じる腰の疲労感は違ってきます。また、レッスンは大体夜に行いますが、冬に向かって気温はこれからどんどん低下していきます。気温が低下すると、筋肉もこわばってしまいます。それに加えて、生徒達はレッスンでも筋肉を使っているので、疲労も加わり運動していない方よりも筋肉が張りやすくなります。ですので、今の季節は出来るだけ湯船に浸かることをお勧めします。今年は暖冬ということですが、寒くなるには変わりがありません。体をしっかり温めて、皆さん風邪を引かないように気を付けて下さいね。

脳にいいこと Good effect for your brain

2015-10-01

IMG_2911多くのダンサー達が何のために踊るのかというと、やはり「楽しさ」を感じたいからだと思います。実際、私もそれがあったからタヒチアンダンスを続けてきたし、だからこそ、自身の行うレッスンでは何より「楽しさ」を感じて欲しいと思っています。「楽しさ」を感じるって、なんでこんなに気持ち良いんでしょうね。そこで、最近読んだ脳科学の本に答えを見つけたので、ちょこっとシェアさせてもらいますね。IMG_2909

本によれば、運動を定期的に行っている人達の方が気持ちよく人生を生きていくことが出来るのだそうです。ダンス、水泳、ウォーキング、ヨガなどの有酸素運動を行うことで、脳に酸素が供給されます。すると、脳内でセロトニンなど色んな神経伝達物質が出てきて、それらが不安を取り除いてくれたり、予防してくれたり、また気持ちを穏やかにしてくれるのだそうです。と言うことは、疲れている時、イライラしている時、落ち込んでいる時は、ゴロゴロしたり、栄養ドリンクを飲んだり、やけ食いしたりするよりも、運動することの方が気持ちをリラックスさせてくれるということになります。そして、ただ笑顔を作るだけでも効果があるのだそうです。ダンスするなら、やっぱり笑顔で!!と言うことになりますよね。

IMG_2910脳科学的に言うと、「幸せを感じるには、特別な豊かさなど必要ない」とのこと。幸せかどうかは、あなたの脳が、それをどう評価するかによって「幸せ度」が決まるとありました。と言うことは、幸せを感じるには今の自分に足りない多くのことを望むより、脳に良いことをするのが一番だということです。さて、私に置き換えてみます。誰かに「幸せですか?」と問われたら、私は「はい」と答えます。ダンススクールの運営とインストラクターという仕事には常に課題がつきもので、今の自分には足りないものもたくさんあります。それでも、私が常に幸せを感じることが出来ているのは、案外ダンスのおかげなのかもしれません(笑)。

« Older Entries Newer Entries »
Copyright(c) 2018 Te Ori Tahiti Here Fukuoka All Rights Reserved.