テ・オリ・タヒチ・ヘレ福岡は、福岡市・北九州市を中心にレッスンを行うタヒチアンダンス専門スクールです。

Archive for the ‘その他’ Category

2017年 新年会 Party for Te Ori Tahiti Here Fukuoka 2017

2017-02-06

IMG_0422少し遅めの新年会を行いました。場所は、生徒の一人が所有している古民家のような素敵なスタジオで、色々な料理を持ち込み小宴会といった感じでした。料理は、イタリアンサラダ、シーフードサラダ、卵焼き、ラップ、ローストチキン、たこ焼き、水炊き、手羽先が用意され、飲み物もスパークリングワイン、赤ワイン、白ワイン、チューハイと様々なアルコールを用意しました。何より、これからってところでお店から追い出されることがないので、皆でワイワイ楽しく心行くまでお話しすることが出来ました。

IMG_0428楽しすぎたせいか私は少々飲み過ぎて、途中から寝入ってしまうとういアクシデントがあり、眠りから覚めた時には既に会はお開きになってました。反省、反省・・・・。とにかく、クラスの違う皆が会を通して親睦を深められたことを切に願っています。踊っていても、写真を見ても、グループの雰囲気って本当によく出ます。皆が今年楽しく、たくさん踊ってくれるのを楽しみいしていますね。

ショートムービー 新年会2017

2017-02-05

節分2017 Setsubun

2017-02-01

2月3日が節分ということで、スクールでも豆まきをしました。私を含め一人暮らししている生徒が多いので、節分といっても家では恵方巻を食べるぐらいではないでしょうか。近年、豆まきからは縁遠くなっていることもあり、スクールで豆まきすることにしました。

豆が入った袋にはお決まりで福の面と鬼の面が入っており、生徒に付けてもらい、鬼に扮した生徒に向かってまきました。実際にまいたのは大豆ではなく、個包装になっている豆で拾うのも簡単でした。参加してくれた生徒達も楽しんでくれたようで、私も楽しかったです。

FullSizeRender (35)

 

ショートムービー「今年の抱負」 What’s your goal for 2017 short movie

2017-01-26

明けましておめでとうございます Happy New Year 2017

2017-01-01

fullsizerender-29新しい年が明けました。皆様、明けましておめでとうございます。昨年は、5月の博多どんたく港祭りから始まりたくさんのステージで踊ることが出来ました。今年は昨年と同様のステージを踏むと共に新しいステージでもパフォーマンスすることを目標に生徒達と共に邁進していきたいと思っています。今年も応援よろしくお願い致します。img_0281

さて、私は福岡市に移り住み初めてのお正月を迎えました。私の住む地域でもっとも近い神社は「筥崎宮」と言います。この神宮は八幡宮で日本の三大八幡宮の一つです。道幅が広く長い参道には、初詣のための長蛇の列が出来てました。くじけそうになりましたが、無事に詣でることが出来ました。去年と同じく日差しが強く温かい初詣日和で、気持ち良い新年をスタートさせることが出来ました。今年は1月4日から初レッスンがスタートします。レッスンで皆さんの元気なお顔を拝見するのを楽しみにしていますね。fullsizerender-28

笑顔絵 A picture for beautiful Tahitian dancer

2016-11-30

img_0103-1先日、メンバーの一人が熊本へ引っ越してしまいました。色んなステージで踊ってくれて、スクールに貢献してくれた彼女に何を贈ろうか考えた時、ふと思いついたは絵でした。温かみがあって、時折眺めてもらえるような、そしてスクールのことを思い出してもらえるような贈り物にしたいと考えました。今年の夏、強い日差しの中で頑張ったあのイベントの中、熊本へと引っ越していった彼女はとっても素敵な表情をしていました。その写真を基にアーティストさんにお願いして絵を描いてもらいました。出来上がったものを見て私も感動したけれど、彼女もとても感動してくれたので本当に嬉しかったです。彼女は冗談で「家宝にします」とまで言ってくれました(笑)。絵を見る度に、テオリで踊っていた時の楽しい記憶が蘇ることを願っています。img_0105

img_5558さて、絵を描いてくれたのは、「えがおえ工房 はれのひ」のアーティストである晃子さん。絵を発注したのがキッカケで仲良くお付き合いさせて頂いています。彼女は素晴らしい芸術家で、話していてとっても刺激的な存在です。実は発表会にお子さんと一緒に観に来てくれていて、私達のパフォーマンスに感動してくていました。忙しい中本当にありがとうございまいした。息子さんは私達のパフォーマンスの時に一緒に踊っていてくれていたとのこと。まだ保育園児にも関わらず露出の多いタヒチアンの衣装に照れながらも、「綺麗だったよ」と褒めて頂きました。本当にありがとう。img_0106

 

 

 

 

 

 

 

自分自身の体と向き合う Opportunity to know your own body

2016-10-06

IMG_3054タヒチアンダンスは、強度が低いダンスではありません。上半身はあまり使いませんが、腰や太ももなどの下半身を多く使い筋肉が必要となります。ですので、腰や下半身を以前に故障していて不安材料を抱えている方は、しっかりとケアをしながら踊ることが大切になります。

以前、私も体を故障したことがありました。その際に、1カ月程度踊ることが出来ず悔し涙を流したことをよく覚えています。私はそれをキッカケに自分の体を向き合うことで、柔軟性と筋力を強化してきて今に至ります。以前痛めた個所は、不安材料にならないほど自分自身の体を作り変えました。体を故障することはあまり良いことではありませんが、もし体を痛めた場合は、それを良い機会として自分の体としっかり向き合って欲しいと思います。それが、年齢を重ねても健やかな体でいられること、またタヒチアンダンスを長く踊れることに繋がると思っています。

生花の衣装の日持ち How long live the Hei

2016-08-17

FullSizeRender (16)お花だけで製作したHeiが、どれだけ日持ちするのか実験してみました。7月31日のフラダンスフェスタで使用したこの衣装は、結果2週間以上生きてました。花びらや葉が落ちやすくなり、花の色も初めよりは色味が変わりましたが、まだまだ使用出来る状態でした。どこまで持つのか興味もありましたが、自宅の冷蔵庫がそんなに大きくないので、そろそろ限界を感じて解体することにしました。

FullSizeRender (18)丁度遊びに行った姉の家で3人の姪と甥に付けてもらい記念撮影。まだ小さな甥と姪は、精一杯の笑顔のポーズをとってくれました。すでに小学生の姪は、少しはにかみながらのポーズ。とにかく、可愛いかったです‼︎姉や母にもこのHeiは好評で、また機会があれば作りたいなと思いました。

FullSizeRender (17)スクールではHei以外にも生花の衣装を作りますが、ドラセナで作った衣装は最長1ヶ月は持ちます。葉の先の方が茶色くなったり、ハリがなくなったりしますが、それも野性的で好きです。生花の衣装に関しては、スクールでは生花の衣装の「譲渡制度」を作っています。作った衣装を他のダンサーが引き継ぐ制度で、引き継ぐ際に対価を製作した生徒に支払います。価格は衣装が製作されてから次のダンサーがいつ使うか、つまり使用する際の鮮度によって価格を変えています。何度かこうの制度で生徒間で衣装の引き継ぎが行われましたが好評でした。お金と時間をかけて作った衣装を出来るだけ有効に使えるように努めています。

衣装デザイン Costume Design

2016-08-10

IMG_3878何度かブログの中でお話しさせて頂いているのですが、当スクールには衣装制作をお願いしている専属の方がいます。その衣装さんが製作してくれた衣装が7月に新しく仲間入りしました。衣装は生徒達のテンションを上げてくれるお気に入りの衣装になったようで、そして私にとってもお気に入りの衣装になっています。

FullSizeRender (14)この衣装はパレオ1枚をパレオとブラに加工したものです。ブラは、パレオをサイズ調整をした後に残るハギレのような30~40㎝程度の布をブラ用として使用してもらっています。手元に届いて感動したのは、ブラの配色でした。このブラは、カップの左右で色が異なります。また同色で2つのセットアップを作ったのですが、2つのブラの配色がアシンメトリーになっていること。そして、パレオとの統一感を出すために緑色を別布としてでバランスよくブラに手縫いで縫い付けてくれているのです。さらに感動したのは、それは私がオーダーしたことではないということでした。

FullSizeRender (13)このパレオは、そんなに特別なデザインのパレオではありませんでした。それが、衣装さんの手にかかり出来上がったものを見ると、まるでミコパレオ(タヒチアンダンサーに定評のあるタヒチパレオブランド)のような奇抜でタヒチアンらしい配色の衣装になっているのでビックリしました。衣装さんは、タヒチアンダンスはしていません。ただ本当に職人気質の方で、いつもダンサーが美しく引き立つように綺麗に衣装を仕上げてくれます。本当に素敵な衣装をありがとうございました。これからも、よろしくお願いします。FullSizeRender (15)

衣装へのこだわり About our costumes

2016-05-29

IMG_4807 今年5月の博多どんたくから始まり、阪急コトコトステージでのパフォーマンスも終了しました。2つのステージで着用した衣装は、パレオ以外はスクールオリジナルの衣装になります。ブラの生地は、私がハワイに行った際に購入してきた生地を使用していて、それを衣装製作担当者にお願いして製作してもらいました。ブラ以外の装飾品は、全て生花で生徒自身と私が製作しました。

IMG_4836気づく方はいないと思いますが、実はパレオにも少し手を加えているのです。パレオは既製品ですので、生地の長さが均一のフリーサイズです。それは、どんな体系の方にも合わせられるようにするためですが、ウエストが細い方がパレオをロールアップして着用する時、パレオに”ひだ”が出来てフレアスカートのようになり、どうもシックリ来ないんです。それは、ハワイで踊っていた時、私自身が感じていたことでもありました。同じパレオなのに私が着用すると、どうしてもMarevaのようにはならないし、パレオの”ひだ”を目立たなくするのに苦労しました。既製品のパレオの長さは、大柄なポリネシアンや欧米人で丁度よいと思ってます。そこで日本人の体形に合わせて、パレオの長さを調整することにしたのです。スクールでは、購入したパレオをそのまま着用させることはありません。SサイズとⅯサイズに調整して、それをダンサーの体形に合わせて着用してもらっています。

IMG_4784実を言うと、私の短大時代の専攻は服飾でした。だから、見た目がやっぱり気になるんです。加えて、衣装の縫製や細部の作りが荒いのも納得がいかない性分なんですね。スクールの衣装さんは技術力が高く、柄の配置や衣装が着脱しやすいように工夫して製作してくれます。衣装さんとお話していると色んなイメージが湧いてくるので話していてとっても楽しいです。製作してもらった衣装は納品して終わりではなく、不具合があればすぐに修正をしてくれたり、衣装のメンテナンスもしっかり行ってくれるので本当に頼もしく助かっています。現在は、今取り組んでいる課題曲の衣装の準備中です。今の課題曲を新しい衣装を着用して踊っている生徒達の姿を見るのが、今から楽しみです。

« Older Entries
Copyright(c) 2018 Te Ori Tahiti Here Fukuoka All Rights Reserved.