MENU

テ オリ タヒチ ヘレ

テオリタヒチヘレについて紹介しております。教室の概要や各教室の講師の紹介を掲載しています。

教室紹介

btn01

クラスの紹介、レッスンの内容・スケジュールなどをご紹介します。

詳しくはこちら

レッスン内容

btn02

レッスンの月謝料金や入会金などについてご案内します。

詳しくはこちら

料金・お支払い方法

btn03

レッスンの月謝料金や入会金などについてご案内します。

詳しくはこちら

見学・体験

btn04

随時、見学・体験レッスンの受付を行っております。お気軽にお問い合わせ下さい。

詳しくはこちら

よくある質問

btn05

「テ・オリ・タヒチ・ヘレ・フクオカ」へのよくある質問を掲載しております。是非ご一読下さい。

詳しくはこちら

講師紹介

btn06

プロフィール紹介です。是非ご一読下さい。

詳しくはこちら

美しく躍動的なタヒチの伝統舞踊

タヒチは、ハワイよりさらに南に位置する南太平洋フランス領ポリネシアにある諸島です。タヒチアンダンスは、そのタヒチの文化であり伝統舞踊です。青く透きとおった海、色彩豊かな花々の甘い香り、生い茂るシダ植物、楽園ともいえる土地で育まれたダンスは、少しセクシャルで時に野性的、そして躍動感溢れるダンスです。タヒチアンビートに合わせて踊る心地良さを、私達と一緒に体感してください。「続けられるかな?」「楽しいかな?」そんな不安は始めてみなければ分かりません。初めての方も、また経験者の方も、あと一歩踏み出して私達と一緒にタヒチアンダンスを始めてみませんか?

タヒチアンダンスとは

腰を回したり、左右に動かしたり、手の動きも含めて曲の世界観を表現するタヒチの伝統舞踊です。タヒチアンドラムを中心とした管弦楽曲(歌なし)で踊るO’tea(オテア)は、テンポが早く躍動感があります。パレオと呼ばれる腰布を身につけて踊ることもありますが、豪華に装飾された頭飾りと木の皮で作られたスカートのような衣装をまとって踊るO’tea(オテア)は、とても華やかで迫力があります。また、歌の入ったアップテンポまたはスローテンポな楽曲で踊るAparima(アパリマ)Ahuroa(アフロア)は、軽快なものと女性らしいゆったりとした動きで踊られるものがあります。パレオと呼ばれる腰布やスリットの入った足首丈のスカート、またはドレスをまとって踊ります。

タヒチアンダンスとフラの違い

タヒチアンダンスどちらも同じポリネシアの舞踊ですが同じではありません。タヒチの伝統舞踊が「タヒチアンダンス」、ハワイの伝統舞踊が「フラ」となります。古代よりポリネシアの人々は島から島へと移住を繰り返してきた歴史があります。「フラ」は、その人々の移住により持ち込まれたものがハワイ独自の文化として育ったものといえます。「タヒチアンダンスはフラの原型」と言われることもあり、そのことからもタヒチからハワイへと舞踊が伝わったことを窺い知ることができます。

フラそのため、タヒチアンダンスとフラは似ている動作があり、そしてそれぞれ特有の動作があります。腰を左右に力強く動かす動作や、腰を高速で回転させる動作はフラにはなく、タヒチアンダンス特有の動作です。この腰を高速回転させる動作は、タヒチアンダンスの魅力の一つと言えます。

タヒチダンスの効果

腰を回したり、左右に動かしたり、ねじったり、タヒチアンダンスの動きはウエストを引き締める効果があります。また、常に少し重心を落とした状態で基本ステップを踏み、時にはつま先立ちの状態でステップを踏むこともあるため、脚の筋力も使い下半身も同時に引き締めることが出来ます。これらの動作をタヒチアンダンスのビートに乗せて繰り返し行うことで、楽しみながら身体全体を引き締めることができます。

あなたの「立ち居振る舞い」を大きく変える副産物

banner美しい姿勢は、誰からも好感をもたれるだけでなく、優雅な「立ち居振る舞い」にも大きく影響します。姿勢を保つためには筋力が必要ですが、筋力だけでは不十分です。大切なのは、骨格と筋力を上手に使いバランスを保つことです。姿勢を保つには、正しい姿勢を知り、体に覚えさせなければなりません。そして、姿勢が崩れたときは、正しい姿勢に修正するという作業を地道に繰り返すことが大切です。ダンスの基本ステップは、正しい姿勢でバランスがとれた状態で踏むことで美しさが生まれます。正しい姿勢というのは、ステップを習得する上で必要不可欠なのです。レッスンでは、生徒の姿勢を正すと同時に「自分の体を知ること」を指導しています。レッスンの中では、筋肉のバランス、柔軟性、動きの癖などをいつも生徒自身に自覚させ、意識するように指導します。そのことにより、生徒達は自分の体や癖を知り、動きや姿勢を修正していくのです。ダンスをすれば、誰でも美しい姿勢になるわけではありません。必要なのは、常に意識することです。そのため「美しい姿勢」は、ダンスの副産物と言えます。

PAGE TOP